子育ては夫婦二人で助け合ってするものです

夫婦共働きでしたので必然的に助け合わないと子供が育てられないので父親としてはかなり頑張ってきたと思っています。

生後8か月ほどで保育園に通わせることにしましたが、朝連れていくのは私の役目でした。車で通勤していたので保育園が途中にあったのでそれほど大変ではありませんでしたが、最初の頃は保育園に行くのが嫌だと大泣きするので説得するのに時間ががかり会社にはいつもギリギリでした。当時はフレックスが採用されていたので随分助けられました。

私の父親は仕事中心のサラリーマンでしたので小さいころにあまり遊んでもらった記憶がありませんでした。そのため自分の子供にはそうさせないと心に決めて子供中心に生活をすることを実践してきています。スキンシップも小さいころからとっていたので、娘も学校のことを隠さず話してくれるのでかなり距離の近い父娘と自負しています。娘の友達の父親はほとんど話をしないみたいで逆に煙たがる存在らしいですが、子供の頃から心を通わせていないと無理はないなと思っています。