マンションと家の購入のいろはについて

注文住宅にすると、自分にとって快適な住まいが実現できます。

例えば、間取りであったり水周りであったりベランダの広さであったりと、いろんな要求が施工業者に要求できます。

反面、コストは多少高くつきますが、長い期間すむことを考えれば注文住宅は理想をかなえてくれると思います。

また、反面中古マンションでも中古の家でも、あせって買うと結局リフォーム代のほうが高くつき、新築を買うより高くつき後悔する羽目になるので要注意です。

中古でマンションでも新築マンションでもいろんな悩みがあります。

まずは、住宅ローン以外に管理費や修繕費積立金・自転車置き場の使用料など思わぬ費用が嵩みます。

また立地条件よっては交通費などの負担も大きく変わってくるので、そのあたりも見極めたうえで購入すべきです。

また、私は中古物件の悩みがあります。というのも新築マンションと値段が変わらずリフォームが完全になされないまま売りに出され、外見だけ見せられてあせって買ってしまいました。

それと中古物件は優良分譲が付いていないため、住宅金融公庫があまりお勧めしていない物件でもあるため、瑕疵がいたるところにあるのです。

それでリフォームを水周りやクロス玄関のり壁や照明などをすると2500万円で買ったマンションが結局1000万円くらいかかりました。

ですので、マンションにしても家にしても、買うときはしっかりと中身を見て買うこと。

そして概観から見えないところもあるので、壁の厚さなども調査できる範囲内で調査すること。特にマンションは最低壁が14センチないと建築基準法の規定を満たさないので、それ以下だと水漏れがしたり下の階への振動がきつく迷惑をかけてしまいます。

その意味でこれらを参考にして、素敵な家が見つかるようお祈りしています。