二階にお風呂がある住宅を買う前に

築年数がわりと浅めな一戸建て住宅では、わりと「二階にお風呂」が設けられている家もあるのですよね。二階に浴室と洗面台とトイレといったように、水場が設けられている家もあるのです。一階のリビングルームを少しでも広くとるための工夫なのだと聞きます。

しかし、二階の水場はお湯が出てくるまでの時間が長いんですよ。それぞれの水場に給湯器がついていてそこでお湯をわかしているのなら話は別なものですが、一階の給湯器でお湯を沸かしているのでしたら、二階にお湯が行くまでの時間は1分弱はありますから。

ですからそこを我慢できるかどうかで、住宅の購入は分かれるでしょう。「お湯が出てくるまでの時間が長い」ことは、慣れれば平気にもなるとは言いますが、しかし「なかなかお湯が出てこない」というのは、ストレスにもなりますからね。とくに冬場。そこに生活のし辛さを感じる人もいますから。

ですから「二階がお風呂の住宅」を購入する際には、「お湯が出てくるまでの長さ」も気にかけた方がいいでしょう。確かにこの住宅は造りが新しく感じて、惹かれるものがありますが。